国立国際美術館

国立国際美術館 Location on instagram

家から歩いて来てみましたが、あいにく休館中でした。
@shinsuke_hanada
国立国際美術館

家から歩いて来てみましたが、あいにく休館中でした。

#ニューウェイブ現代美術の80年代 
#80年代の時代精神から 
#国立国際美術館 
行ってきた!とにかく #現代アート が好き。制限も限界もルールも枠組みもジャンルもカテゴリーも何もない、自由だけがあると教えてくれるから。すでにあるもの、普通なものは評価されない。例えばスポーツなら速く走った人が勝ちだけど、芸術ではそもそも走ったら負け。走る競技で走っては意味がない。そこにあるものを写実的に写し取っても何の意味もない。
#川俣正 の作品を観るといつも #大阪芸大 の授業を思い出す。#谷悟 教授 の #アートプランニング 。情熱的で刺激と影響を受けた。
時代との関わりを意識した新しい音楽活動を始めようと思う。犬司は中断します。
#大阪 #osaka #中之島 #芸術 #アート #art #美術 #絵画 #美術館 #博物館 #80年代 #80s #contemporaryart #日比野克彦 #船越桂 #森村泰昌 #諏訪直樹 #中西學 #横尾忠則
@kenji_kyoto_music
国立国際美術館

#ニューウェイブ現代美術の80年代 #80年代の時代精神から #国立国際美術館 行ってきた!とにかく #現代アート が好き。制限も限界もルールも枠組みもジャンルもカテゴリーも何もない、自由だけがあると教えてくれるから。すでにあるもの、普通なものは評価されない。例えばスポーツなら速く走った人が勝ちだけど、芸術ではそもそも走ったら負け。走る競技で走っては意味がない。そこにあるものを写実的に写し取っても何の意味もない。 #川俣正 の作品を観るといつも #大阪芸大 の授業を思い出す。 #谷悟 教授 の #アートプランニング 。情熱的で刺激と影響を受けた。 時代との関わりを意識した新しい音楽活動を始めようと思う。犬司は中断します。 #大阪 #osaka #中之島 #芸術 #アート #art #美術 #絵画 #美術館 #博物館 #80年代

久々に国立国際美術館に来てみた。初めて撮影許可証ってのを発行してもらったのでイロイロ撮ってみた?
@yasuo_y
国立国際美術館

久々に国立国際美術館に来てみた。初めて撮影許可証ってのを発行してもらったのでイロイロ撮ってみた?

価値観を上げると人生は豊かになります😆
芸術は価値観を上げてくれる✨
#Newwave1980s
#国立国際美術館
#次はクリスチャンボルタンスキー
#価値観アップ
@junnaruge
国立国際美術館

価値観を上げると人生は豊かになります😆 芸術は価値観を上げてくれる✨ #newwave1980s #国立国際美術館 #次はクリスチャンボルタンスキー #価値観アップ

#マヌカハニーソフトクリーム 
#northshore中之島 
しっかり #蜂蜜 の風味があり、ミルクも濃厚なのに脂っこくなく後味さっぱりで不快な泡立ちもない。味に個性もあり300円は安い。#ソフトクリーム は #神 の食べ物。 
#国立国際美術館 や #大阪市立科学館 すぐ近く。
#マヌカハニー #大阪 #中之島カフェ #中之島 #大阪グルメ #スイーツ #アイスクリーム #大坂城 #大坂 #豊臣秀吉 #osaka #お好み焼き #たこ焼き #イカ焼き #真田丸
@kenji_kyoto_music
国立国際美術館

#マヌカハニーソフトクリーム #northshore中之島 しっかり #蜂蜜 の風味があり、ミルクも濃厚なのに脂っこくなく後味さっぱりで不快な泡立ちもない。味に個性もあり300円は安い。 #ソフトクリーム#神 の食べ物。 #国立国際美術館#大阪市立科学館 すぐ近く。 #マヌカハニー #大阪 #中之島カフェ #中之島 #大阪グルメ #スイーツ #アイスクリーム #大坂城 #大坂 #豊臣秀吉 #osaka #お好み焼き #たこ焼き #イカ焼き #真田丸

ニューウェイブ現代美術の80年代@国立国際美術館
例えば印象派や琳派なら頻繁に特別展あるし常設でも頻出だから、自然と詳しくなる。対して日本の戦後美術って他国の美術より遠い存在。
だから千葉市美術館で1968年展を観た時は勉強になった。
でも、今回の80年代展はキャプションほぼ無し。年代順の羅列に徹する。
朝日新聞デジタルの「親切な展示やめました」をまさに肌で感じた。
言葉を尽くして説明するよりまずは感じて下さい、なのか、図録や関連書籍買って自習しろ、なのか。
自分にはキュレーションの不在としか思えなかった。
#ニューウェイブ現代美術の80年代 #国立国際美術館 #キュレーションの不在
@y.nyuta
国立国際美術館

ニューウェイブ現代美術の80年代@国立国際美術館 例えば印象派や琳派なら頻繁に特別展あるし常設でも頻出だから、自然と詳しくなる。対して日本の戦後美術って他国の美術より遠い存在。 だから千葉市美術館で1968年展を観た時は勉強になった。 でも、今回の80年代展はキャプションほぼ無し。年代順の羅列に徹する。 朝日新聞デジタルの「親切な展示やめました」をまさに肌で感じた。 言葉を尽くして説明するよりまずは感じて下さい、なのか、図録や関連書籍買って自習しろ、なのか。 自分にはキュレーションの不在としか思えなかった。 #ニューウェイブ現代美術の80年代 #国立国際美術館 #キュレーションの不在

Next